『巨大仏画』修復と謎解きに関するご支援のお願い

平素より西大寺護持のため、ご支援をいただき誠にありがとうございます。
この度、西大寺に伝わります巨大仏画の修復ならびに調査のため令和4年6月15日午前10時よりクラウドファンディングに挑戦する運びになりました。

今回、修復ならびに調査を実施いたします巨大仏画は、一辺7メートルにもなる大きな掛軸で、江戸時代から伝わるものの、これまで中身の確認ができずにおりましたが、痛みが生じていたため広げて確認してみたところ、「大日三尊像」と「五大尊像」の仏画であることが確認できました。
色鮮やかで非常に美しく、これだけの巨大な仏画が江戸時に作られたというのは驚きのほかありません。
西大寺としてはその信仰を蘇生し、継承していく責務があると考えており、まずは仏画の修復と、未だ謎に包まれている製作、伝来の具体的な経緯について学術的な研究を進めてまいります。

しかしながら現状では寺院運営費も捻出が難しくなっている状況でございますので、今回、クラウドファンディングにて広くご支援を呼びかけ、修復および調査費用の一部を募らせていただくことを決意いたしました。
貴重な信仰、文化財を未来に継承することは重要な使命と考え、関係者一同最後まで尽力いたします。
なにとぞ、応援、ご支援を宜しくお願い申し上げます。

▼詳細・ご支援方法は6月15日以降、下記からご覧いただけます。
https://readyfor.jp/projects/saidaiji_butsuga

※インターネットでの支援が難しい方は、この用紙をご覧いただき記載の口座にお振り込みいただくか、この用紙を印刷していただき支援金と一緒に西大寺までご持参ください。

拝観方式ならびに拝観料などの変更について

令和4年4月1日から以下のように変更となります

◆各堂舎ごとの個別拝観受付を廃止し、三堂(本堂・四王堂・愛染堂)共通拝観のみの受付とします。
拝観受付場所は、最初に入堂した堂舎となります。そこで共通拝観券をお求めの上、各堂舎をご拝観ください。

◆拝観料(本堂・四王堂・愛染堂 三堂共通拝観)

  一般 中・高生 小学生 身障者
個人 800円 600円 400円 400円
団体 700円 500円 350円 ――

※団体は30人以上です
※西大寺友の会会員は会員証提示で拝観無料です
※大和十三仏霊場会参拝は、個人でも団体扱いとします
※朱印は拝観券を提示された方に授与します。拝観なしで朱印のみの授与はいたしません

◆聚宝館は別途300円
年間3回開館 : 1/15~2/4、4/20~5/10、10/25~11/15

◆大茶盛 拝服料(通常の団体受付)

  一般 小・中・高生
1人につき 2000円 1500円

※新春(1/16)、春(4月第2日曜日と前日)、秋(10月第2日曜日)の大茶盛式は以上とは別途になります
※通常は30名以上団体のみ受け付けます
※現在、コロナ対応の時期は10名以上20数名迄の団体を受け付けます

奈良時代に称徳天皇の鎮護国家の勅願によって創建され、
南都七大寺の寺格を有する西大寺は、平安時代の一時退転の後、鎌倉時代に叡尊上人の興法利生の思念によって再建され、
密・律双修の真言律の根本道場として再生されました。

その1250年以上に及ぶ悠久の歴史・伝統を物語る多くの文物を今日に伝えています。

この西大寺の歴史・伽藍・仏像・寺宝・行事などについて紹介します。