光明真言土砂加持大法会 のご案内

以下の要綱で、鎌倉時代以来、西大寺一門の最大の年中行事である恒例の光明真言会を執行いたします。
どうぞご参拝くださいませ。

10月3日 午後2時より 開白座
10月3日 午後7時より 総番座 法話あり
10月4日 午前4時より 総番座
10月4日 午後2時より 中日座
10月4日 午後7時より 総番座 法話あり
10月5日 正午より 結願座

期間中、本堂で昼夜不断で厳修いたします
24時間参拝可能です
ご先祖様の追善廻向を受付けております

★ 入口での手指消毒・体温チェック、堂内でのマスク着用・間隔の確保をお願いします

秋の大茶盛式 のご案内

コロナ禍の中ですが、事前予約制・お一人様一碗で「秋の大茶盛式」を開催します。

日 時
令和3年10月10日(日)

内 容
①、本席〔大茶盛〕拝服 (光明殿)
②、三堂〔本堂・愛染堂・四王堂〕拝観 (本堂で僧侶の法話あり)
③、記念品〔西大寺餅、大茶盛手拭など〕 授与

拝服料
お一人 3,000円 (当日、光明殿受付で拝受します)
事前予約 四席を以下の定刻に開始しますので、予め時間帯を決めてご予約下さい
A.午前9時 B.午前11時 C.午後1時 D.午後3時

仕 様
★入口での手指消毒・体温チェック・服飲時以外マスク着用をお願いします
★一席20名程度を上限として、間をあけてお座りいただきます
★お一人ごとに一碗(但し大茶碗を使用)でお呑みいただきます。

参加ご希望の方は、以下にご記入いただき、9月末日までに西大寺寺務所までに郵送またはファックスでお送りください。
折り返し拝服券をお送りします。
なお申込状況により定員超過で受付できない場合もございますことをご了承ください。

「 秋の大茶盛式 」 参席予約書ダウンロード

奈良時代に称徳天皇の鎮護国家の勅願によって創建され、
南都七大寺の寺格を有する西大寺は、平安時代の一時退転の後、鎌倉時代に叡尊上人の興法利生の思念によって再建され、
密・律双修の真言律の根本道場として再生されました。

その1250年以上に及ぶ悠久の歴史・伝統を物語る多くの文物を今日に伝えています。

この西大寺の歴史・伽藍・仏像・寺宝・行事などについて紹介します。