節分星祭祈願会

節分星祭祈願会の様子 節分星祭祈願会の様子

節分は一年の季節の変わり目で、元来は二十四節ありますが、冬から春への転換である立春の前日のみが大きく意識されるようになりました。

節分の前夜(年越の夜)には悪鬼が暴れて人々に害を及ぼすといわれ、鬼を追い払うために、豆まきを行い邪気を払う(「魔目」「魔滅」)ことが行われます。また節分には、除災のために個人の「本命星(ほんみようじよう)」と「当年星(とうねんじよう)」をまつる星祭(星供)も行います。

当山では毎年二月三日午後に愛染堂に星曼荼羅を祀って星供法要を厳修し、祈願主の御札祈願を行うとともに「福寿豆まき」の行事を執行いたします。