愛染堂

概要

秘仏愛染明王をまつる堂舎。江戸時代の明和4年(1767)に京都近衛家邸宅の御殿の寄進を受けて移築建立。桁行24.7メートル、梁間17.1メートル、一重の入母屋造で桟瓦葺。前面に向拝一間を付す。内部を桁行方向に三列に区画し、北側を客殿(狩野派の襖絵あり)、中央を内陣、南側を御霊屋(歴代先師尊霊の位牌をまつる)とする。寝殿造風の外観の公家邸宅建築を仏堂としたユニークな建物で、昭和61年に奈良県指定文化財に指定されている。

主な什宝物

  • 秘仏・愛染明王坐像
    重要文化財
    鎌倉時代

  • 愛染明王坐像(御前立像)
    江戸時代

  • 興正菩薩叡尊上人坐像
    重要文化財
    鎌倉時代

トップへ