奥の院(法界躰性院)

概要

興正菩薩は正応3年(1290)8月25日遷化し、27日に西大寺西北の林間で荼毘に付された。その地に営まれた御廟所が当院である。門正面に総高三四二センチ、二重基壇の興正菩薩の石造大五輪塔がある。他に第二代慈真和上、第三代宣瑜上人、性瑜上人、第六四代泓澄和上、諸長老の五輪塔もある。その後、近世には近在の村墓地として展開した。廟塔の北西に江戸時代創建の地蔵堂があり、中央厨子に永正11年(1514)海竜王寺比丘仙算、宿院番匠源四郎の造立になる本尊地蔵菩薩立像をまつる。また村墓の入口付近に、柱・外壁を角・板の塔婆を用いて作られた木造瓦葺方一間の室町中期創建の納骨堂(骨堂:コツンドウ)があり、毎年の光明真言会結願後に当年遷化した一門僧侶の板塔婆が外周に打付けられる。近年、地蔵堂の裏に阿弥陀堂を創立して、納骨廻向を受け入れている。また南西に少し離れた所に代々の長老墓もある。

主な什宝物

  • 叡尊五輪塔
    重要文化財
    鎌倉時代

  • 地蔵菩薩 室町時代

トップへ