四王堂

概要

西大寺創建の端緒となった称徳天皇誓願の四天王像をまつるお堂。たびたびの火災で焼失し、現在の堂舎は江戸前期の延宝2年(1674)の再建で、桁行3間、梁間2間、寄棟造の身舎の四周にもこしを廻らし二重風の建築となっている。堂舎周囲の版築基壇は創建当初の規模を伝えている。鎌倉時代の正安2年(1289)亀山上皇院宣で鳥羽上皇の御願寺であった京都白河十一面堂院の本尊・十一面観音立像(仏師圓信作)が客仏本尊として当堂に移されてまつられることとなり、それ以来、観音堂とも称する。現在の四天王像も鎌倉期以降の再造であるが、その足下に踏まれた邪鬼が奈良時代創建当初の姿を伝えている。 

主な什宝物

  • 十一面観音立像
    重要文化財
    平安時代

  • 四天王像ならびに邪鬼
    重要文化財
    鎌倉時代/奈良時代

トップへ