本堂

概要

現在の西大寺の中心堂舎。もともと東塔跡北方に中世に建てられた光明真言堂の後身で、江戸中期の寛政年間に完成。桁行七間、梁間五間、一重の寄棟造で本瓦葺。前後面に向拝三間を付す。堂内は東西南の三方の外陣と内陣を仕切り、内陣北の中央に須弥壇、東西に脇壇を設ける。10月には本堂を荘厳して光明真言会が行われる。江戸中期の土壁を用いない独特の建築技法による奈良市屈指の巨大な近世仏堂で、重要文化財にも指定されている。

主な什宝物

  • 本尊釈迦如来立像
    重要文化財
    鎌倉時代

  • 文殊菩薩騎獅像ならびに
    四侍者像
    重要文化財
    鎌倉時代

  • 弥勒菩薩坐像
    奈良県指定文化財
    鎌倉時代

  • 弘法大師坐像 江戸時代

  • 興正菩薩坐像  江戸時代

トップへ